「iPad Air (第4世代)」のベンチマークデータが明らかに − 「A14 Bionic」チップの動作周波数は2.99GHzでRAMは4GB

まもなく発売される「iPad Air (第4世代)」には「A14 Bionic」チップが搭載されていますが、その「iPad Air (第4世代)」のものとみられるGeekBenchのベンチマークデータが明らかになりました。

「iPad Air (第4世代)」の「A14 Bionic」チップの動作周波数は2.99GHz、RAMは4GBとなっており、「A13 Bionic」と比べてL1キャッシュの容量が増加しています。

過去のデバイスとの比較が下記の通りですが、シングルコアの性能は「A12Z Bionic」と比べて約40%、「A13 Bionic」と比べて約20%向上しており、マルチコア性能は「A12Z Bionic」には及ばないものの、「A13 Bionic」と比べて約28%向上しています。

 シングルコアマルチコア
iPad Air (第4世代)
A14 Bionic
15834198
iPad Pro 12.9インチ (第4世代)
A12Z Bionic
11194644
iPhone 11 Pro
A13 Bionic
13273286
iPad Air (第3世代)
A12 Bionic
11122832