ソフトバンク、NTTドコモより3割安の大容量プランを導入か − 20~30GBで月5,000円以下

本日、日本経済新聞が、ソフトバンクが携帯料金でNTTドコモよりも3割安い大容量プランを導入する方向で最終調整に入ったと報じています。

動画再生などを手軽に楽しめるとして普及する20GB~30GBのデータ容量を月額5000円を下回る価格で提供することを検討しており、この価格はNTTドコモの同様のプランと比べ3割低い水準になります。

この新しい大容量プランは現行の通信規格の「4G」が対象となり、「5G」については利用料を上乗せすることで利用可能になる模様。

いつ頃から提供が開始されるのかは不明なものの、10月中にも方針を固めて早期に提供を開始することを目標としているようです。

なお、この報道に対し、ソフトバンクは「現時点で決定した内容はありません。引き続き、真摯に検討していきます。従来より憶測にはコメントしない方針ですので、コメントは控えます」とのコメントを公開しています。

[via ケータイWatch

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。