Apple、サードパーティ製ヘッドホンやスピーカーの販売を終了 − 「AirPods Studio」発売に向けた動きか

Bloombergによると、Appleが9月末をもってBoseやLogitech、Sonosなどのサードパーティ製ヘッドホンやスピーカーの販売を終了していたことが分かりました。

オンラインストアで製品を検索しても出てこなくなっている他、Appleの直営店のスタッフもここ数日間で店頭からサードパーティ製ヘッドホンやスピーカーを撤去するよう指示されたそうです。

この動きが意味するところは不明ですが、同社は年内にオーバーイヤー型ヘッドホンの「AirPods Studio」や小型化した新型「HomePod」などを投入すると噂されており、その発売に向けた動きではないかとみられています。

なお、同社は過去に「Apple Watch」を投入する前に、サードパーティ製のフィットネストラッカーの販売を終了した経緯があります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。