ARM版「Windows 10」がx64エミュレーションに対応へ − 11月よりInsider向けに展開開始

本日、Microsoftが、ARM版「Windows 10」こと「Windows 10 on ARM」でx64アプリの実行をサポートすることを発表しました。

現在、「Windows 10 on ARM」ではARM32アプリと32bit版のWindowsアプリ(x86)を実行することが可能なものの、64bit版Windowsアプリ(x64、AMD64/Intel64)については動作せず、64bit環境で動かすにはARM向けにネイティブで用意する必要があります。

今年11月よりWindows Insider Program向けにx64エミュレーション機能の提供を開始する予定で、今後は既存のx64アプリも「Windows 10 on ARM」で動作するようになります。

また、同社は「Windows 10 on ARM」向けの「Microsoft Teams」クライアントアプリをまもなくリリースすることも明らかにしています。

ニュースリリース

[via 窓の杜

2 COMMENTS

匿名

これが実現すればWinもMacもARMでよくなるのでモバイルでのx86が揺らぎそうですね

返信する
匿名

M1 mac がらみで調べていたんだけど、結局11月中には「x64エミュレーション」はリリースできなかったのだね。
来年(2021年)に Android エミュレーションを入れる。とか言ってるけど「x64エミュレーション on ARM-Windows」
の続報が無くて困ってる。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。