Appleが自社開発した従業員向けのコロナ対策用マスク

Bloombergが、Appleが従業員向けに開発した新型コロナウィルス対策用マスク「Apple Face Mask」の写真を公開しています。

Appleは新型コロナウィルスの拡散を防止するためにマスクを自社開発し、事務所や直営店の従業員に対して今後2週間かけて配布される模様。

このマスクの開発には、iPhoneやiPadを開発するデザインチームも関わっており、3つの層で構成され、入ってくる粒子と出ていく粒子をろ過するようになっていて、5回までは洗って再利用可能とのこと。

また、顔や耳にフィットするように調節可能な紐が採用されているのも特徴で、Appleは医療従事者向けの保護具の供給を妨げないようにしながら、空気を適切にろ過するのに適した素材を見つけるために入念な調査とテストが行われたようです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。