「Google マップ」の「Apple Watch」向けアプリが復活

先月、Googleが「Google マップ」の「Apple Watch」向けアプリを復活させることを発表していましたが、本日、「Google マップ」のiOS向け公式アプリがアップデートされ、最新のバージョン5.52で「Apple Watch」向けアプリが復活しました。

「Google マップ」の「Apple Watch」向けアプリは、2017年に提供を一度終了していましたが、現在はまた利用可能になっており、iPhoneで利用中のドライブ、徒歩、自転車、公共交通機関でのナビをステップバイステップで表示可能です。

なお、「Google マップ」のアプリはApp Storeから無料でダウンロード可能です。

Google マップ -  乗換案内 & グルメ

Google マップ – 乗換案内 & グルメ

Google LLC無料

「Google マップ」が「CarPlay ダッシュボード」に対応 − 「Apple Watch」向けアプリも復活へ

1 COMMENT

匿名

Google マップはバグ多いし経路の再計算遅いし通信量多いしで良いとこ無しよね。もう完全に Apple Map に負けてる。

返信する

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。