「iOS 13.7」でも接触通知を受け取るには「COCOA」が必要 − 厚生労働省

昨日にリリースされた「iOS 13.7」ではアプリをダウンロードしなくても新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触通知システムの利用を選択することができるようになりましたが、厚生労働省が、日本では接触通知アプリ「COCOA」が必須であることを案内しています。

「iOD 13.7」で利用可能になった「Exposure Notification Express」は、あくまで接触確認アプリが提供されていない国や地域に向けた仕組みであり、日本のユーザーが接触通知を受けるためには引き続き「COCOA」のインストールが必要とのこと。

また、既に利用中のユーザーもアンインストールしないよう注意喚起を行っています。

新型コロナウイルス接触確認アプリ

新型コロナウイルス接触確認アプリ

Ministry of Health, Labour and Welfare – Japan無料

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。