「iOS 13.7」でも接触通知を受け取るには「COCOA」が必要 − 厚生労働省

昨日にリリースされた「iOS 13.7」ではアプリをダウンロードしなくても新型コロナウイルス感染症(COVID-19)接触通知システムの利用を選択することができるようになりましたが、厚生労働省が、日本では接触通知アプリ「COCOA」が必須であることを案内しています。

「iOD 13.7」で利用可能になった「Exposure Notification Express」は、あくまで接触確認アプリが提供されていない国や地域に向けた仕組みであり、日本のユーザーが接触通知を受けるためには引き続き「COCOA」のインストールが必要とのこと。

また、既に利用中のユーザーもアンインストールしないよう注意喚起を行っています。

新型コロナウイルス接触確認アプリ

新型コロナウイルス接触確認アプリ

Ministry of Health, Labour and Welfare – Japan無料

Apple、「iOS 13.7」と「iPadOS 13.7」をリリース

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。