「iPhone 12 Pro」のリアガラスパネルが流出か − LiDARセンサー用とみられる穴が存在

Apple製品のプロトタイプモデルを収集しているMr·white氏が、「iPhone 12 Pro」の背面のガラスパネルとみられる部品を撮影した写真を公開しています。

写真左のパネルは「iPhone 12 Pro」もしくは「iPhone 12 Pro Max」のものとみられ、3眼カメラ用の穴に加え、LEDフラッシュとLiDARセンサーのものとみられる穴が3つ目のレンズの上下に開けられている他、マイク用の小さな穴も確認出来ます。

ただ、このパネルが6.7インチの「iPhone 12 Pro Max」のものなのか、6.1インチの「iPhone 12 Pro」のものなのかは不明な為、LiDARセンサーが「iPhone 12 Pro Max」にのみ搭載されるのか、”Pro”の両モデルに搭載されるのかも不明です。

なお、写真右のパネルは「iPhone 11 Pro」のものである可能性があります。

1 COMMENT

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。