「iPhone 12 Pro」のリアガラスパネルが流出か − LiDARセンサー用とみられる穴が存在

Apple製品のプロトタイプモデルを収集しているMr·white氏が、「iPhone 12 Pro」の背面のガラスパネルとみられる部品を撮影した写真を公開しています。

写真左のパネルは「iPhone 12 Pro」もしくは「iPhone 12 Pro Max」のものとみられ、3眼カメラ用の穴に加え、LEDフラッシュとLiDARセンサーのものとみられる穴が3つ目のレンズの上下に開けられている他、マイク用の小さな穴も確認出来ます。

ただ、このパネルが6.7インチの「iPhone 12 Pro Max」のものなのか、6.1インチの「iPhone 12 Pro」のものなのかは不明な為、LiDARセンサーが「iPhone 12 Pro Max」にのみ搭載されるのか、”Pro”の両モデルに搭載されるのかも不明です。

なお、写真右のパネルは「iPhone 11 Pro」のものである可能性があります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。