「iPhone 12」シリーズは円形に配置された謎の磁石を搭載か

MacRumorsによると、「iPhone 12」では筐体の内側に磁石が搭載されている可能性があることが分かりました。

中国のWeiboにて、「iPhone 12」の筐体に搭載されるという磁石などの写真が投稿されており、磁石は全部で36個で本体背面の内側に円形状に搭載され、その意図は不明なものの、「iPhone 12」を純正のワイヤレス充電器の正しい位置に置く為のものではないかとみられています。

Appleは2019年3月にワイヤレス充電器「AirPower」の開発を中止すると発表したものの、今年に入ってから開発を再開したとの噂もあり、この磁石が本当にワイヤレス充電器用であれば「iPhone 12」と共に「AirPower」も発売されるのかもしれません。

また、EverythingAppleProが、「iPhone 12」向けの純正ケースとされるケースを撮影した写真も公開しており、そのケースの内部にも同様の配置で磁石が搭載されているそうです。
(下記ツイート参照)

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。