「Windows 10X」の2画面デバイス対応は2022年春になる模様

今年5月、新OS「Windows 10X」は当初は1画面デバイス向けに投入され、「Surface Neo」を含む同OSを搭載した2画面デバイスの発売が遅れることが明らかになりましたが、本日、ZDNetのMary Jo Foley氏が、情報筋の話として、Microsoftは「Windows 10X」を2021年春にリリースすることを目標としているようだと報告しています。

Microsoftの最新の計画では、2021年春に主に企業や教育機関の顧客向けに設計された1画面デバイスで「Windows 10X」をデビューさせる予定で、2画面デバイス向けへの「Windows 10X」の展開開始は2022年春になるとのこと。

また、Microsoftは「Windows 10」と「Windows 10X」の両方に集中するために、2021年からは機能アップデートを各年1回にする可能性があり、この情報が正しければ、2021年春に「Windows 10X」を正式にリリースし、2021年秋に「Windows 10」向けの新しい機能アップデートをリリースし、2022年春に「Windows 10X」向けの初の機能アップデートとして2画面デバイスのサポートなどを追加することになるようです。

ただ、これらのスケジュールはあくまで現時点での社内計画で、今後変更される可能性があります。

「Windows 10X」、当初は1画面デバイス向けに投入へ − 「Surface Neo」の発売も遅れる模様

「Surface Neo」を含む「Windows 10X」搭載デバイスの発売は2021年にずれ込む模様

1 COMMENT

匿名

「「Windows 10」と「Windows 10X」の両方に集中するために、2021年からは
機能アップデートを各年1回にする」

よいと思う。最初からそうするべきであった。

現在コメントは受け付けておりません。