新型コロナ接触確認アプリ、明日から陽性者との接触の可能性を通知開始へ

本日、厚生労働省が、新型コロナウイルス接触確認アプリ(COCOA)の利用者は、7月3日から陽性者との接触の可能性について通知を受けることが可能になると発表しました。

7月3日より陽性者に対し、新型コロナウイルス感染者等情報把握・管理支援システム(HER-SYS)から処理番号が発行されるようになり、陽性者となったユーザーがアプリで処理番号を登録することにより、過去14日間に接触の可能性があったユーザーが通知を受けることができるようになります。

なお、同アプリのダウンロード数はリリースから13日で約499万件となっています。

ニュースリリース
厚生労働省

新型コロナウイルス接触確認アプリ

新型コロナウイルス接触確認アプリ

Ministry of Health, Labour and Welfare – Japan無料