Apple Silicon搭載Mac、現時点でBoot Campや仮想化アプリで「Windows」を実行することは難しい模様

IntelベースのMacではBoot Campを利用して「Windows」をネイティブに実行可能でしたが、現在のところ、Apple独自のプロセッサApple Siliconを搭載したMacではBoot Campを利用して「Windows」を実行することは難しいことが分かりました。

The VergeがMicrosoftに確認したところ、広報担当者は「MicrosoftはARM版Windows 10のライセンスをOEMのみに提供している」と述べ、Apple Silicon搭載MacでBoot Campを利用するためにこのポリシーを変更する予定があるかどうかを質問したところ、「現時点でがこれ以上の情報は何もない」との回答だったそうです。

AppleとMicrosoftが何らかのサポートに向けて動いている可能性はゼロではないものの、現時点ではApple Silicon搭載MacでBoot Campを利用してARM版Windows 10をネイティブに実行することは難しそうです。

また、Mac上でWindowsを実行出来る仮想化アプリの「VMWare」や「Parallels」を利用する方法がありますが、こちらも現時点では「Rosetta 2」では仮想化アプリは動かせないことが分かっており、両社がApple Silicon搭載Macに対応したバージョンを開発出来るかどうか次第で、Macで「Windows」を利用することがあるユーザーにとっては少し気になる問題になりそうです。

【追記】
Parallelsは、Apple Silicon搭載Mac向けの「Parallels Desktop」の開発を進めていることが明らかになっているものの、x64 on ARMやARM on ARMになるのかなど、現時点ではどのようなものになるのかはまだ決めかねているようで、もしARM on ARMとなった場合、MicrosoftがARM版「Windows 10」のライセンスの提供範囲を拡大してくれない限りは難しそうです。

スポンサーリンク