「macOS Big Sur」のバージョンは「11.0」

本日、Appleが次期macOSこと「macOS Big Sur」を発表しましたが、「macOS Big Sur」のバージョンは”11.0″になることが分かりました。

これは基調講演で「Apple Silicon」への移行を紹介する際に掲載されたスライドから明らかになったもので、「macOS Catalina」まではバージョン10.xでしたが、「macOS Big Sur」からはバージョン11.xになるようです。

バージョン10.x以降のmacOS(Mac OS X/OS Xを含む)は下記の通り。

・Mac OS X 10.0 (Cheetah)
・Mac OS X 10.1 (Puma)
・Mac OS X 10.2 (Jaguar)
・Mac OS X 10.3 (Panther)
・Mac OS X 10.4 (Tiger)
・Mac OS X 10.5 (Leopard)
・Mac OS X 10.6 (Snow Leopard)
・Mac OS X 10.7 Lion
・OS X 10.8 Mountain Lion
・OS X 10.9 Mavericks
・OS X 10.10 Yosemite
・OS X 10.11 El Capitan
・macOS 10.12 Sierra
・macOS 10.13 High Sierra
・macOS 10.14 Mojave
・macOS 10.15 Catalina
・macOS 11.0 Big Sur

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。