「WWDC20」ではハードウェアの発表は行われない可能性が浮上

Appleは今晩に「WWDC20」の基調講演を開催し、次期OSの詳細などを発表するとみられていますが、著名リーカーによると、「WWDC20」ではハードウェアの発表は見送られた可能性が出て来ました。

その事を報告しているのは、Jon Prosser氏とMax Weinbach氏の2人のリーカーで、両氏とも「WWDC20」でハードウェアの発表は行われないと報告しているものの、両氏ともにこの情報に確証はないようです。

「WWDC20」で発表が噂されていたハードウェアは、新型「iMac」、紛失防止タグの「AirTags」、ハイエンドのオーバーイヤー型ヘッドホン「AirPods Studio」、新型「Apple TV」など。

実際にどうなるのかは基調講演を待つしかないですが、ハードウェアを期待していた方はちょっと残念な内容になるかもしれません。

[via MacRumors

1 COMMENT

匿名

クックCEOは以前からWWDCはハードウェアの発表の場でないと言ってますよ。
期待感が暴走しすぎです。

現在コメントは受け付けておりません。