厚生労働省、新型コロナ陽性者との接触通知アプリを提供開始

本日、厚生労働省が、新型コロナウイルスの感染者と濃厚接触した可能性を知らせるスマートフォン向けアプリ「新型コロナウイルス接触確認アプリ」の配信を開始しました。

本アプリは、AppleとGoogleが提供するAPIをもとに開発されており、利用者本人の同意を前提に、スマートフォンの近接通信機能(Bluetooth)を利用して、お互いに分からないようプライバシーを確保し、新型コロナウイルス感染症の陽性者と接触した可能性について通知を受けることができるスマートフォンアプリとなっています。

価格は無料で、公開日から1カ月間は試行版(プレビュー版)となりっており、試行版に基づいてデザイン・機能などの修正を予定しているそうです。

なお、対応OSは、iPhoneはiOS 13.5以降、AndroidはAndroid 6.0以降となっていますが、Android端末の動作確認済の機種はこちらのページで確認出来ます。

iOS版(App Store)
Android版(Google Play)
新型コロナウイルス接触確認アプリ
接触確認アプリ利用者向けQ&A

1 COMMENT

現在コメントは受け付けておりません。