Apple、「Apple Developer 8.2」をリリース − macOSにも対応

本日、Appleが、「Apple Developer」アプリをアップデートし、最新版のバージョン8.2をリリースしています。

今バージョンより、Mac CatalystによりmacOSにも対応した他、”見つける”タブのユーザーインターフェイスの刷新が行われています。

また、”ビデオ”タブが”ブラウズ”タブに変更されたり、あとで閲覧したり視聴したりできるようにコンテンツのダウンロードやお気に入りへの追加をするためのオプションが追加されています。

なお、価格は無料で、iOSとmacOSの各App Storeよりダウンロードおよびアップデートが可能です。

Apple Developer

Apple Developer

Apple無料

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。