厚労省、新型コロナ陽性者との接触通知アプリを今週中にリリースへ

厚生労働省は、新型コロナウイルスに感染した人と濃厚接触した可能性がある場合に通知を受けられるスマホ向けアプリを準備中ですが、産経新聞によると、安部首相が同アプリを今週中にリリースする予定であることを明らかにしました。

アプリの開発状況は、”今週中のリリースを目指し、最終段階に入っている”とのことで、週内にも提供が開始される見通し。

アプリはAppleとGoogleが提供するAPIをもとに開発されており、スマホのBluetoothを使って、利用者のプライバシーを保護しながら、新型コロナウイルス感染症の陽性者と、半径1メートル、15分以上接触した可能性について通知を受けられるものとなっています。

なお、プライバシーには配慮されており、アプリでは氏名・電話番号・メールアドレスなど個人の特定につながる情報を入力する必要はない仕組みになるとのこと。

AppleとGoogleが協力して開発する新型コロナ感染追跡技術は日本でも展開へ

AppleとGoogle、新型コロナウイルス対策で濃厚接触の可能性を検出する技術で協力へ

4 COMMENTS

匿名

日本のスマホ個人保有率が64.7%しかないので、60%以上達成は難しいのでは?と報道されていましたね。

匿名

何もしないよりいいでしょ。
60%普及すれば、それなりの価値はある。
偏向報道ばかりで足を引っ張るような発言しかしない昨今のテレビはろくなこと言わないなり

匿名

ガラケーしか持ってない田舎ジジババとはあんまり接点ないからこれはこれで

匿名

最悪なアイコンとUIでリリースされそう
ホーム画面に置きたくないレベルの

現在コメントは受け付けておりません。