Apple、「iBooks Author」と「iTunes U」を終了へ

MacRumors(1)/(2)によると、Appleが「iBooks Author」と「iTunes U」のサービスを終了することが分かりました。

「iBooks Author」は電子書籍作成ツールで、「Pages」でも同様の機能が利用可能になったことを受けて、「iBooks Author」を廃止するとのこと。

「iBooks Author」は現地時間7月1日をもってMac App Storeでの提供を終了し、今後は「Pages」の開発に注力し、書籍をインポート出来る機能などが追加される予定で、利用者には「Pages」への移行を推奨しています。

次に、「iTunes U」は先生や講師が、学習教材を配信できるアプリで、こちらは2021年末をもって廃止するとのこと。

今後は「Classroom(クラスルーム)」や「Schoolwork(スクールワーク)」や「Apple School Manager」といったアプリに置き換えられるとのことで、「iTunes U」は2020〜2021年の教育年度までは既存の全てのユーザーが継続して利用可能です。

Transition from iBooks Author to Pages
iTunes U – June 2020 Update

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。