2021年発売の「iPhone」はノッチレスでUSB-C採用??

Macお宝鑑定団Blogが、2021年に発売される「iPhone 5.5インチ」とされる3Dプリントモックアップを入手し、その写真や動画を公開しています。

筐体サイズは、今年発売されると言われている「iPhone 12」の5.4インチモデルと同じとなっており、あくまで開発中の仕様で最終的な仕様ではない可能性が高いとのこと。

特徴としては画面上のノッチが廃止され、画面上部中央にFaceTimeカメラ位置を示すマーカーが打たれており、画面下のカメラをテストしているものとみられています。

また、リアカメラの部分には十字に5つの点が配置されており、様々なカメラモジュールをテストするためのモジュール接合部とみられ、最終的なカメラ仕様が固まるまで、こうした接合モジュールを使用してのテストが行われている可能性があるとのこと。

さらに、本体下部のポートについては、LightningコネクタではなくUSB-Cコネクタになっています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。