Adobe、AI分析でフィルターやレンズを自動適用できるカメラアプリ「Photoshop Camera」を6月9日にリリースへ

Adobeが、AIテクノロジーを活用した魅力的な機能が満載のカメラアプリ「Adobe Photoshop Camera」を6月9日にリリースすることを案内しています。

本アプリは、自動的に被写体を分析し、どのフィルターやエフェクトが最適か判断してくれるインテリジェントな無料のカメラアプリで、タップ1回でPhotoshopフィルターやエフェクトを適用可能で、フィルターは80種類以上用意されています。

また、Photoshopのエフェクトをその場で適用したり、自動色調補正機能、ポートレートの自動補正機能などが特徴な他、インフルエンサーにより考案されたレンズが用意されており、新しいレンズとエフェクトは定期的に追加されます。

なお、App StoreやGoogle Playでは既に予約受付が開始されています。

Photoshop Camera

Photoshop Camera

Adobe Inc.

[via Macお宝鑑定団Blog

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。