「iOS 14」の「Safari」は翻訳機能を内蔵か

9to5Macが、流出した「iOS 14」の初期ビルドのソースコードから、「iOS 14」では「Safari」に翻訳機能が内蔵されることが分かったと報じています。

「iOS 14」の「Safari」には翻訳機能が内蔵され、ユーザーはサードパーティ製のアプリやサービスを使用せずにウェブサイトを翻訳出来るようになるとのこと。

「Safari」側が言語を検出し、自動で翻訳してくれる自動翻訳機能や、ページをリロードすることなく、原文と翻訳文を切り替えることが出来る機能も搭載される可能性があるそうです。

また、Appleはこの機能をシステム全体に拡大することを計画しており、App Storeなどの他のアプリでもテストが行われており、全ての翻訳はニューラルエンジンによってローカルで処理される為、インターネット接続を必要とせずに動作すると予想されています。

さらに、「iPadOS 14」では、ウェブサイトでの「Apple Pencil」のフルサポートが追加される可能性があり、「Safari」や他のブラウザでスクロールやタッチだけでなくマークアップなどの全機能が利用可能になるかもしれないそうです。

2 COMMENTS

匿名

細かいですがニュートラルエンジンではなくニューラルエンジンではないですか?

taisy0

本当ですね。お恥ずかしながら、頭の中でずっとニュートラルだと思ってました(汗)
有難う御座います!

現在コメントは受け付けておりません。