「Microsoft Edge」のサーフィンゲームが誰でもプレイ可能に

Microsoftは以前よりChromiumベースの「Microsoft Edge」のDev/Canary/Beta版においてサーフィンのミニゲームを提供してきましたが、本日、同社がこのサーフィンゲームを全てのユーザー向けに提供すると発表しました。

サーフィンゲームは「Microsoft Edge」の最新版であるバージョン83.0.478.37より、アドレスバーに「edge://surf」と入力することでプレイ可能です。

ゲーム内容は障害物やクラーケンを避けながらサーフィンをどれだけ続けられるかを競うランニングゲーム的なもので、タイムトライアルモードなども用意されています。

なお、操作はキーボード、マウス、タッチ操作、ゲームコントローラーなどで可能なので、暇な時にチャレンジしてみては如何でしょうか。

ニュースリリース

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。