「Microsoft Edge」のサーフィンゲームに忍者キャットが登場するイースターエッグ

先日、「Microsoft Edge」のDevおよびCanaryビルドで、サーフィンゲームが簡単に遊べるようになったことをお伝えしましたが、そのサーフィンゲームに「Windows 10」でお馴染みのマスコットである忍者キャットが登場するイースターエッグが用意されていた事が分かりました。

サーフェインゲームは、「Microsoft Edge」の最新のDevおよびCanaryビルドでアドレスバーに「edge://surf/」と入力することでプレイ可能ですが、最初のキャラクターを選択する画面で、コナミコマンド(上上下下左右左右BA)をキーボードで入力すると忍者キャットがプレイヤーとして利用可能になります。

コナミコマンドと言えば、同コマンドを生み出したプログラマーの橋本和久氏が亡くなられましたが(ご冥福をお祈り致します)、同氏の訃報と何か関係があるのかは分からないものの、タイミングがタイミングだけにEdgeの開発チームが意図的に仕込んだ可能性もありそうです。

[via MSPU

「Microsoft Edge」に隠されたサーフィンゲームがDev/Canaryビルドで簡単にプレイ可能に