Apple、macOSの「メッセージ」アプリをCatalyst版に変更へ − 「iOS 14」のコードから証拠が見つかる

9To5Macが、流出した「iOS 14」のコードから、AppleがmacOSの「メッセージ」アプリをCatalyst版へと変更する予定であることが分かったと報じています。

「iOS 14」のコードから、「メッセージ」アプリのCatalyst版が見つかったそうで、恐らく、次期「macOS」からCatalyst版の「メッセージ」アプリが搭載されるものと予想されます。

macOSの「メッセージ」アプリは、基本的なメッセージの送受信しか出来ず、iOS版のようなステッカーや各種エフェクトなどの機能も使えないのですが、Catalyst版に置き換えられることで、macOSでもこれらの機能が利用可能になります。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。