Apple、macOSの「メッセージ」アプリをCatalyst版に変更へ − 「iOS 14」のコードから証拠が見つかる

9To5Macが、流出した「iOS 14」のコードから、AppleがmacOSの「メッセージ」アプリをCatalyst版へと変更する予定であることが分かったと報じています。

「iOS 14」のコードから、「メッセージ」アプリのCatalyst版が見つかったそうで、恐らく、次期「macOS」からCatalyst版の「メッセージ」アプリが搭載されるものと予想されます。

macOSの「メッセージ」アプリは、基本的なメッセージの送受信しか出来ず、iOS版のようなステッカーや各種エフェクトなどの機能も使えないのですが、Catalyst版に置き換えられることで、macOSでもこれらの機能が利用可能になります。