流出した「iOS 14」の内部ビルドは今年2月からハッカーなどの間で広く出回っている模様

今年2月〜4月にかけて流出した「iOS 14」の内部ビルドから様々な情報が明らかになりましたが、Motherboardによると、その流出した「iOS 14」の内部ビルドは、2019年12月に作られたもので、今年2月頃よりセキュリティ研究者やハッカーなどの間で出回っていたそうです。

この流出に詳しい情報筋によると、何者かが中国のベンダーから数千ドル(数十万)で2019年12月10日付けでビルドされた「iOS 14」を搭載した「iPhone 11」を購入し、「iOS 14」の内部ビルドを抜き出して脱獄・ハッキングコミュニティに流出させた模様で、現在もTwitterや脱獄・セキュリティ研究者のネットワークで広く取引されているようです。

この流出した「iOS 14」の内部ビルドから明らかになった情報はこちらですが、あくまで開発初期のビルドの為、正式リリース時には多くの変更が加えられている可能性があります。

また、Twitterではここ数日でMajin Bu(@MajinBuOfficial)という人物が、この「iOS 14」の内部ビルドの様々な情報を公開しています。

https://taisy0.com/?s=iOS+14

2 COMMENTS

匿名

いや脱獄してんじゃん。
もし本当にiOS14ならすげえけど。
偽物の可能性が極めて高い。

匿名

初期バージョンだから一般ユーザー機向けの電子署名がされてないのでは?
もしそうなら脱獄してセキュリティチェックを回避しないとイントール出来ない

現在コメントは受け付けておりません。