「Surface Duo」の一部仕様が明らかに?? − Snapdragon 855や6GB RAMを搭載か

Microsoftは年内にAndroidを搭載した2画面デバイス「Surface Duo」を発売する予定ですが、Windows CentralのZac Bowden氏がこれまでに分かっている「Surface Duo」の仕様に関する情報を公開しています。

同氏の情報元によると、「Surface Duo」は年内に出荷が開始される予定で、その仕様は下記の通りになるとのこと。

  • CPU:Qualcomm Snapdragon 855
  • RAM:6GB
  • ストレージ:64GB/256GB
  • カメラ:右側のディスプレイ上に1,100万画素センサー(ƒ/2.0)
  • ディスプレイ:5.6インチAMOLEDパネル(1800×1350ピクセル/401ppi)×2
  • バッテリー:3,460mAh(USB-Cでの急速充電対応)
  • 通信:4G LTE(5G通信には未対応)
  • ポート:USB-C×1
  • SIM:nanoSIM
  • セキュリティ:指紋センサー
  • OS:Android 10(Android 11へのアップデートも提供予定)
  • その他:ワイヤレス充電やNFC機能は搭載せず

なお、Microsoftは6月上旬までにプリインストールするアプリを完成させる予定で、同社の純正アプリの全ては両ディスプレイに跨がって表示することが可能で、必要に応じて2つの異なるアプリ間でドラッグ&ドロップが行える機能も備えているそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。