Bang & Olufsen、「Alexa」を内蔵したポータブル Bluetooth スピーカー「Beosound A1 2nd Gen」を発表

本日、Bang & Olufsenが、ポータブル Bluetooth スピーカー「Beosound A1」の新モデルである「Beosound A1 2nd Gen」を発表しました。

「Beosound A1 2nd Gen」は、新たに音声アシスタントである「Amazon Alexa」を内蔵し、音声で曲を選んだり、ニュースを聞いたり、一日の予定を確認したりすることが可能になりました。

ただ、「Beosound A1 2nd Gen」自体にはWi-Fiなどのインターネット接続機能は搭載されていない為、「Amazon Alexa」はBluetoothでペアリングしたスマートフォンなどの通信機能を利用する仕組みで、「Amazon Alexa」を利用する場合はBluetoothの接続可能範囲内にいる必要があります。

また、デザイン面では前モデルよりも薄く、軽量化された他、上部のグリルパターンが再設計されており、本体ボタンの位置やLEDインジケーターの位置も変更されています。

さらに、音質面も改良が加えられており、3.5インチのウーファーと3/5インチのツイーターを各1つずつ搭載し、コーデックはAACの他にaptX Adaptiveにも対応しています。

他の特徴としては、防水および完全防塵加工(IP67認定)、バッテリー駆動時間は通常のリスニング音量で最大18時間、Bluetoot 5.1対応、最大2つのデバイスで利用可能などとなっています。

なお、日本での発売日は不明ですが、既に公式ページが公開されており、価格は前モデルと同じ250ユーロとなっています。

Beosound A1 2nd Gen

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。