AppleのミニLEDディスプレイ搭載製品の発売は2021年にずれ込む模様

MacRumorsによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、AppleのミニLEDディスプレイを採用した製品は2021年にずれ込むようだと報告していることが分かりました。

Appleは今後2〜3年で4〜6種類のミニLEDディスプレイ搭載製品を計画しているようで、同氏は以前に2020年第3四半期に「iPad Pro 12.9インチ」、2020年第4四半期に「MacBook Pro 16インチ」を発売する予測していましたが、新型コロナウイルスの影響により2021年にずれ込むようです。

なお、どの製品かまでは言及していないものの、ミニLEDディスプレイを搭載した製品の組み立ては2021年第1四半期(1〜3月)になるものと予測されています。

また、AppleはミニLEDディスプレイを搭載した「MacBook Pro 14.1インチ」も発売されると予測していますが、同製品の発売時期に関しては何も触れられていません。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。