「Windows 10 May 2020 Update」の正式リリースは遅れる?? − 一般提供は5月28日に開始との情報

Microsoftはまもなく「Windows 10」向けの次期大型アップデート「Windows 10 May 2020 Update」をリリースする予定でしたが、「Windows 10 May 2020 Update」のリリースは少し遅れるかもしれないことが分かりました。

これはZDNetのMary Jo Foley氏が報告して明らかになったもので、当初は現地時間の4月28日にOEM/開発者へのリリース、そして5月12日に一般提供が開始される予定だったものの、開発チームがゼロデイ脆弱性を修正したかったことからこのスケジュールが変更され、現在はOEM向けには5月5日、開発者向けには5月12日のリリースとなっているようです。

そして、一般提供の開始日は5月28日になるとのこと。

ただ、これらスケジュールはあくまで内部情報がベースであり、Microsoftが公式に発表していない為、また変更される可能性があるそうです。

Microsoft、Release Preview リング向けに「Windows 10 May 2020 Update (build 19041.208)」をリリース

1 COMMENT

匿名

とにかく遅らせてでもいいから、不具合きちんと直してから!
多くの人がそう思っているので、お願いいたします!

現在コメントは受け付けておりません。