「iPhone SE (第2世代)」、通知に「Haptic Touch (触覚タッチ)」が利用出来ないことが明らかに

先日発売された「iPhone SE (第2世代)」ですが、iDBApple Insiderなどによると、「iPhone SE (第2世代)」では通知で「Haptic Touch(触覚タッチ)」がサポートされていない事が分かりました。

「Haptic Touch」と言えば、通知を長押しすることで通知内容の詳細を表示したり、用意されたオプションを利用出来るのが1つの特徴ですが、「iPhone SE (第2世代)」では「Haptic Touch」はホーム画面のアイコンなどでは動作するものの、ロック画面や通知センターに表示された通知に利用することは出来ないことが分かり、通知を長押ししても詳細な情報やオプションが表示されません。

一見するとバグなのではと思ってしまいますが、この件についてAppleのサポートに問い合わせたRedditのユーザーによると、そのサポート担当者はソフトウェアアップデートで修正する予定がないことを明らかにしたそうです。

また、TechCrunchのMatthew Panzarino氏によると、この動作はバグではなく、Appleの意図した通りに動作しているとのことで、将来的にソフトウェアアップデートで利用可能になることはなさそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。