iFixit、「iPhone SE (第2世代)」の分解レポートを公開

iFixitが、「iPhone SE (第2世代)」の分解レポートを公開しています。

先日の先行レポートから、「iPhone SE (第2世代)」は、カメラ、SIMトレイ、Tapticエンジン、ディスプレイ部品(マイクと近接センサー含む)は「iPhone 8」の部品と交換可能であることが分かっていますが、新たにTapticエンジンやメインスピーカーも互換性があることが分かりました。

バッテリーの容量は「iPhone 8」と同じ6.96Whで、形状も一見すると同じように見えるものの、バッテリーをロジックボードに接続するためのコネクタが異なっており、互換性はありません。

また、「A13 Bionic」チップに搭載されている3GB RAMはSamsung製となっており、64GBのフラッシュストレージは東芝製、モデムチップはIntel製であることが分かっています。

なお、修理し易さを示すスコアは10点満点中6点となっており、ディスプレイとバッテリーが交換し易い設計であることやほとんどの部品がモジュール式で個々に交換可能であることがプラス面として挙げられており、防塵・防水シールにより修理が難しくなっている点や修理には最大で4つの異なるタイプのドライバーが必要な点、割れやすく修理し難いガラス製のバックパネルを採用している点などがマイナス点として挙げられています。

iPhone SE 2020 Teardown – iFixit

iPhone SE (第2世代)の購入・予約はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。