Intel、第11世代Coreプロセッサ「Tiger Lake」を2020年半ばに投入へ

米Intelが、2020年第1四半期の業績発表の際に、第11世代Coreプロセッサの「Tiger Lake」を2020年半ばに投入することを明らかにしました。

「Tiger Lake」の製造プロセスは第2世代10nm(10nm+)で、キャッシュ設計が刷新された「Willow Cove」というCPUアーキテクチャが採用され、モバイル向けのみリリースされる予定で、同プロセッサを搭載したノートPCがホリデーシーズンに向けて順次発売される模様。

また、同プロセッサは、小型・超低電力向けの「Y」シリーズ、低電力・メインストリーム向けの「U」シリーズ、ハイエンド向けの「H」シリーズの3モデルが用意され、投入当初は「Y」シリーズと「U」シリーズが大部分を占め、「H」シリーズは後から追加されるようです。

先日、「MacBook Pro 16インチ」のモデルチェンジは10〜11月頃に予定されているとの情報がありましたが、次期「MacBook Pro 16インチ」から「Tiger Lake」が採用されるものと予想されます。

[via WCCFTech

iPhone SE (第2世代)の購入・予約はこちら

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。