「iPhone 12」の図面が流出か − ノッチが小型化

次期「iPhone」こと「iPhone 12」シリーズではディスプレイ上部のノッチが小型化されると噂されていますが、Apple関連のリーク情報では実績があるJon Prosser氏(@jon_prosser)が、ノッチが小型化されることが確認出来る「iPhone 12」シリーズの図面と思われる画像を公開しています。

同氏は画像以外は多くを語っていませんが、ノッチの大きさが現行よりもかなり小型化されていることが確認出来ます。

なお、上記の図面をもう少し分かり易くしたものが下記画像で、現行ではノッチの真ん中に受話スピーカーがありますが、「iPhone 12」では受話スピーカーはディスプレイ上部のベゼル内に移動し、その空いたスペースに各種センサーやカメラを詰めて配置し、小型化が図られるようです。

ただ、この画像のデバイスが「iPhone 12」のどのモデルかは不明で、試作機の図面である可能性もあり、正式発表時には変更が加えられている可能性もあります。

2 COMMENTS

匿名

これが本物だとしたら、今回はケース側面フラットってのも可能性高いな
11の図面と違ってボタン部分がめり込んでない

匿名

やっぱりノッチは完全には無くならんか…
個人的には、その分ベゼルを太くしてもいいから、ノッチを無くして欲しかったんだけど…

現在コメントは受け付けておりません。