「iPad Pro (2020)」上で「Mac OS X Leopard 10.5」を動作させるデモ映像

Hacking Julesが、「iPad Pro (2020)」上で「Mac OS X Leopard 10.5」を動作させるところを撮影した映像を公開しています。

動画では、「iPad Pro (2020)」でエミュレーターの「UTM emulator」上にインストールした「Mac OS X Leopard 10.5」を動作させるデモが行われており、OSの起動から各種アプリの起動まで特に問題なく動いていることが分かります。

また、後半部分ではマウスやキーボードを使用するデモも行われており、タッチ操作よりもスムーズに操作でき、よりデスクトップ環境に近い動作が再現されています。

ちなみに、「Mac OS X Leopard 10.5」は2007年にリリースされたOSで、同年に発売された「MacBook Pro (Late 2007)」の基本スペックはIntel Core 2 Duo 2.2GHz/2GB RAM/120GB HDDで、「iPad Pro (2020)」の基本スペックはApple A12Z Bionic 8コア/6GB RAM/128GB フラッシュメモリとなっています。

なお、Hacking Julesは過去にも様々なiOSデバイスで「Windows」などを動作させる映像を公開していますので、良かったら是非ご覧下さい。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。