Apple、「iPhone 12」シリーズの試作をまもなく完了か

ここ最近、Apple関連のリーク情報でお馴染みのJon Prosser氏(@jon_prosser)が、今度は「iPhone 12」の試作がまもなく完了すると報告しています。

最終的な仕様は昨年にApple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が予測した内容とほぼ同じになるとのことで、「iPhone 12」シリーズが5.4インチと6.1インチの2モデルで、アルミ製筐体や2眼カメラを採用し、「iPhone 12 Pro」シリーズが6.1インチと6.7インチの2モデルで、ステンレス製筐体や3眼カメラとLidarセンサーを搭載するとのこと。

また、全モデルがより小型なノッチを採用し、A14チップを搭載し、5G通信に対応する模様。

さらに、今後1〜2ヶ月以内にCADレンダリング画像が公開されるであろうと述べています。

2 COMMENTS

匿名

4モデルに増やしたり、ディスプレイサイズが変わる理由は何だろう…

匿名

そんなの考えればわかるんじゃん。
まずノッチの小型化で、同一筐体サイズなら表示部分は必然的に大型化するし、
それにモデルを増やすと、貧民から富裕層まで幅広くカバーできる(需要の拡大化)上に、
値段を近づけると、もう1万円出すだけで上位グレードにできるという、人の心を揺さぶって客単価を上げる事もできる。

それくらい普通に社会出てれば分かると思うんだけど。

現在コメントは受け付けておりません。