携帯3社、新型コロナ支援措置で25歳以下のユーザーを対象に50GBの追加データを無償に

NTTドコモ、ソフトバンク(ワイモバイルも含む)、auの3社は、新型コロナウイルスの感染拡大防止を目的に、学生がオンライン学習などを実施している状況を踏まえ、25歳以下のユーザーを対象に50GBまでの追加の通信料を無償化する措置を開始しました。

各社とも25歳以下のユーザーを対象に、50GB分の追加データを無償提供するとのこと。

この措置は、auとソフトバンクは2020年4月30日まで、NTTドコモは2020年5月31日までとなっており、延長する場合は別途通知されます。

なお、各社とも詳細は下記リンク先をご覧下さい。

ソフトバンク(PDF)
au
NTTドコモ

スポンサーリンク

関連エントリ

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな40代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。