Apple、2021年にARMベースのMacを発売か - 2022年にはUSB4対応との予測も

MacRumorsによると、Apple関連の情報では定評のあるMing-Chi Kuo氏が、ARMベースのMacは2021年に発売され、2022年に発売されるMacではUSBの次世代規格となるUSB 4に対応すると予測していることが分かりました。

Appleは2021年に独自設計のARMベースのプロセッサを搭載した複数のMacを発売する予定で、Intelのプロセッサロードマップに依存せずにモデルチェンジを行い、プロセッサのコストを40~60%削減し、Windows PCとのハードウェアの差別化を強化出来るものと考えているようです。

また、同社は2022年にUSB 4をサポートしたMacを発売する予定で、USB 4はThunderbolt 3がベースとなっており、最大40Gbpsのデータ転送が可能で、1本のケーブルで4Kディスプレイ2台、5Kディスプレイ1台への映像出力が可能となります。

なお、USB 4対応のコントローラは台湾のASMedia Technologyが独占的に供給する模

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。