「A12Z Bionic」は「A12X Bionic」と基本的に同じチップか - 有効化されたコア数の違いのみの可能性

新型「iPad Pro」に搭載されている「A12Z Bionic」チップは、前モデルに搭載されていた「A12X Bionic」チップと比較してGPU性能のみ僅かに向上していることが確認されていますが、「A12Z Bionic」チップは「A12X Bionic」と基本的に同じチップである可能性が出てきました。

TechInsightsによると、「A12X Bionic」チップのGPUは7コアと案内されているものの、物理的には8つのGPUコアが存在していることが確認され、Appleが意図的に1コアを無効化しているようです。

このことから「A12Z Bionic」チップと「A12X Bionic」チップは同じ物理チップで、CPUとGPUのコアの物理数も同じであり、「A12Z Bionic」は無効化されているコアを有効化し、名称を変更しただけではないかとみられています。

実際のところどうなのかは詳細な解析待ちとなっていますが、性能面の差を考えると上記の内容も理解出来ます。

[via Notebookcheck, 9To5Mac

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。