「MacBook Air (Retina)」でも反射防止コーティングが剥がれてしまう可能性があることが明らかに

Appleは、以前より一部の「MacBook Pro Retinaディスプレイモデル」と「MacBook」にてディスプレイの反射防止コーティングが剥がれてしまう問題に対応するリペアプログラムを実施していると言われていますが、MacRumorsによると、「MacBook Air」のRetinaディスプレイモデルでも同様の問題が発生する可能性があることが分かりました。

これはAppleの内部文書から明らかになったもので、その文書の中でRetinaディスプレイを搭載した「MacBook Air」でも反射防止コーティングが剥がれてしまう可能性があることを認めているそうです。

ただ、その無償修理の対象モデルのリストは昨年12月の時点から変わりなく、「MacBook Air」も無償修理を行ってくれるのかは不明です。

・MacBook Pro (13-inch, Early 2015)
・MacBook Pro (15-inch, Mid 2015)
・MacBook Pro (13-inch, 2016)
・MacBook Pro (15-inch, 2016)
・MacBook Pro (13-inch, 2017)
・MacBook Pro (15-inch, 2017)
・MacBook (12-inch, Early 2015)
・MacBook (12-inch, Early 2016)
・MacBook (12-inch, Early 2017)

なお、本プログラムは正式に発表されていないのですが、問題がある場合、購入から4年間は無償修理で対応するものとなっており、もし問題が発生したユーザーはAppleのサポートに相談してみると良いと思います。

(UPDATE)
その後、内部文書の内容に誤りがあったことが判明し、Appleは「MacBook Air (Retina)」では同問題は発生しないことを明らかにしています。
(下記エントリ参照)

「MacBook Air (Retina)」では反射防止コーティングの剥がれ問題は発生しない模様

Apple、「MacBook」シリーズのコーディング剥がれの無償修理対象モデルから2013〜2014年モデルを除外

1 COMMENT

匿名

Retinaでフォントのギザギザも見えない!(バリバリに剥がれたコーティング

現在コメントは受け付けておりません。