Apple、年内に新たに20カ国でApp Storeのサービスを開始へ

本日、Appleがアプリ開発者に対して、年内に新たに20の国でApp Storeのサービスを開始する予定であることを案内しています。

App Storeには毎週5億人以上がアクセスしており、アプリの販売とアプリ内購入で1550億ドル以上の開発者の収益を生み出しています。

また、現在は155の国と地域で利用可能で、今年さらに20カ国をサポートするとのこと。

なお、これら新しい国でアプリを販売する場合、アップデートされたライセンス契約に同意する必要があり、さらに4月10日までに設定を行うことで新しい国でサービスが開始された際にアプリが公開出来るようになるそうです。

The App Store is Expanding to New Countries

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。