Apple、年内に新たに20カ国でApp Storeのサービスを開始へ

本日、Appleがアプリ開発者に対して、年内に新たに20の国でApp Storeのサービスを開始する予定であることを案内しています。

App Storeには毎週5億人以上がアクセスしており、アプリの販売とアプリ内購入で1550億ドル以上の開発者の収益を生み出しています。

また、現在は155の国と地域で利用可能で、今年さらに20カ国をサポートするとのこと。

なお、これら新しい国でアプリを販売する場合、アップデートされたライセンス契約に同意する必要があり、さらに4月10日までに設定を行うことで新しい国でサービスが開始された際にアプリが公開出来るようになるそうです。

The App Store is Expanding to New Countries