Beatsの新型ワイヤレスイヤホン「Powerbeats 4」のプレス用画像が流出 − バッテリー駆動時間は最大15時間に

先日、Beatsの新型ワイヤレスイヤホン「Powerbeats 4」がFCC(米連邦通信委員会)の認証を通過したことをお伝えしましたが、Winfuture.deが、その「Powerbeats 4」のプレス用画像と一部仕様を公開しています。

「Powerbeats 4」は完全ワイヤレスではなく、「Powerbeats 3」のように引き続きコード有りのモデルになり、「Apple H1」チップを搭載して「Hey!Siri」がサポートされています。

また、バッテリー駆動時間は最大15時間になり(前モデルは最大12時間)、5分の充電で60分の音楽再生が可能となっており、充電はLightningコネクタを利用して行うようです。

なお、カラーはホワイト、ブラック、レッドの3色展開で、価格情報はないものの、「Powerbeats 3」と同様の199.95ドル(日本では19,800円)になるものとみられています。

Beatsの新型ワイヤレスイヤホン「Powerbeats 4」とみられるデバイスがFCCを通過

Beatsの新型ワイヤレスイヤホン「Powerbeats 4」の画像が「iOS 13.3.1」から見つかる