「Google Pixel 4a」とみられる新たな実機写真が登場 − パンチホールディスプレイを採用か

Googleは「Pixel 3a」の後継モデルである「Pixel 4a」を準備していると噂されていますが、本日、「Pixel 4a」とみられるデバイスの新たな実機写真が公開されました。

これが本物かどうかは確認出来ないものの、前面はほぼベゼルレスのデザインとなっており、「Pixel」シリーズとしては初となるパンチホールディスプレイを搭載しており、フロントカメラはディスプレイ左上に内蔵されています。

また、設定アプリの写真では同製品の名称が「Pixel 4a」になることも確認できる他、同シリーズではお馴染みのファブリック素材が採用された純正ケースが装着されており、カメラ部分は「Pixel 4」シリーズと同じく正方形状に盛り上がっていて(カメラはシングルレンズ)、指紋センサーが搭載されているのが特徴です。

先日にも同製品とみられる実機写真が公開されましたが、先日の写真のものと比べるとパンチホールディスプレイのカメラの位置が異なっており、今回のデバイスの方が本物のように見えます。

なお、「Pixel 4a」シリーズは5月に発表されるものと予想されています。

[via 9TO5Google, Rozetked

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。