Apple、新型コロナの影響拡大を懸念してイタリアの一部直営店を一時的に閉鎖

MacRumorsによると、Appleが新型コロナウィルスの影響拡大を懸念し、イタリアの一部の直営店を一時的に閉鎖していることが分かりました。

まず先週末の2月29日と3月1日にはブレシア県ロナートにある「Apple il Leone」、ミラノにある「Apple Fiordaliso」と「Apple Carosello」の3店舗が休業となっていたようで、今週末にはベルガモの「Apple Oriocenter」が休業となる予定。

Appleは従業員に対しイタリアへの出張制限を導入していることも分かっており、状況次第では今後も一部店舗での休業が続きそうです。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。