「Microsoft Edge」に隠されたサーフィンゲームがDev/Canaryビルドで簡単にプレイ可能に

昨年11月、MicrosoftがChromiumベースの「Microsoft Edge」の新ロゴを発表する際に、クリアしなければ新ロゴを確認することが出来ないサーフィンのミニゲームをイースターエッグとして仕込んでいたのですが、そのサーフィンゲームが「Microsoft Edge」のDevおよびCanaryビルドで簡単に遊べるようになりました。

昨年の新ロゴ発表時、サーフィンゲームにアクセスするには一定の手順を踏む必要があったのですが、「Microsoft Edge」の最新のDevおよびCanaryビルドでアドレスバーに「edge://surf/」を入力することで簡単にアクセス可能となっています。

なお、ゲームにはタイムトライアルやスラロームモードなど3つのモードが用意されている他、キーボードでの操作以外に、マウスやタッチ、ゲームコントローラーでの操作にも対応しています。

DevおよびCanaryビルドを利用している方は時間潰しに是非どうぞ。

[via MSPU

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。