Apple、今後12〜18ヶ月以内にARMベースの「Mac」を投入か

9To5Macによると、Apple関連の情報では定評のあるアナリストのMing-Chi Kuo氏が、最新の投資家向けレポートの中で、今後12〜18ヶ月以内にリリースされるAppleの新製品は、Intel製プロセッサではなく、自社製のプロセッサを搭載したMacになると予測していることが分かりました。

同氏は、新型コロナウィルスの発生以来、Macに搭載されることが予想される5nmプロセスチップの研究・開発および生産への資金提供でより積極的になったと述べており、5nmチップが今年後半にiPhoneとiPadに不可欠で、2021年にMacに搭載されるからだと予測しています。

なお、5nmチップの出荷は2020年半ばより開始される予定で、2020年後半から2021年初頭に発売が予想される次期iPhoneとミニLEDディスプレイを搭載した新型iPadにまず搭載されるものとみられています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。