Apple版ストリートビューの「Look Around」機能がボストンなどの3都市で新たに利用可能に

MacRumorsによると、「Google マップ」のストリートビューのApple版である「Look Around」機能が、新たに米国のボストン、フィラデルフィア、ワシントンD.C.の3都市で利用可能になったことが分かりました。

「Look Around」は「iOS 13」で利用可能になった「マップ」アプリの新機能で、Googleのストリートビューのようにマップ上で任意の場所を360度見回したり、探索することができる機能で、新しいベースマップと高解像度3D写真が活用されており、都市の街路レベルの美しい画像をスムーズかつシームレスなトランジションと共に表示可能です。

なお、現時点で米国の限られた都市でのみ利用可能で、日本ではまだ使えないのですが、同機能のサポートやApple Mapsの品質向上に向けて車両を使った地図データの収集が2018年6月より開始されています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。