低価格の新型「iPhone」、2月後半より本格的に量産開始か

本日、日本経済新聞が、複数の部品メーカー関係者の話として、「iPhone SE」の後継モデルとなる安価な新型「iPhone」は2月後半から本格量産に入る見込みだと報じています。

その安価な新型「iPhone」は、有機ELよりも安価な液晶パネルを採用し、画面は小さめになるが、プロセッサには「A13 Bionic」チップが搭載される見通しとのこと。

これ以上の詳細は触れられていませんが、先日にもブルームバーグが、安価な新型「iPhone」は3月に発表される見通しで、2017年に発売された「iPhone 8」に似ており、4.7インチのディスプレイやホームボタンとTouch IDを引き続き採用すると報じていました。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。