Chromium版「Microsoft Edge」、誤った言語でインストールされる問題が一部で報告される

本日、Microsoftが、WindowsとmacOS向けにChromiumベースの新しい「Microsoft Edge」を正式にリリースしましたが、ごく一部のユーザーでインストール時の問題が報告されているようです。

その問題とは、予期せぬ言語でインストールされてしまうといったもので、Microsoftもこの問題を認識しており、解決に向け取り組んでいるとのこと。

なお、新たにインストーラーをダウンロードしてインストールし直すことで解決したとの例が報告されています。

【UPDATE】
アドレスバーに「edge://settings/languages」と入力してアクセス出来る言語設定画面で、日本語を追加し、「…」のメニューの「Microsoft Edge をこの言語で表示」のオプションを有効化し、再起動を行うことで日本語化することが可能です。

Microsoft Edge – Microsoft

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。