「iPhone 12」シリーズはやはり4モデル構成で、最大6GBのRAMを搭載か

MacRumorsによると、UBSのアナリストであるTimothy Arcuri氏とMunjal Shah氏が、2020年に発売される新型「iPhone」シリーズは、5.4インチモデルが1つ、6.7インチモデルが1つ、6.1インチモデルが2つの計4モデル構成になるようだと報告していることが分かりました。

4モデルとも有機ELディスプレイが搭載され、ハイエンドモデルの6.1インチと6.7インチは3Dセンシングに対応した3眼カメラと6GBのRAMを搭載するとのことで、各モデルの特徴は下記の通り。

・6.7インチ:3Dセンシング対応3眼カメラと6GB RAM
・6.1インチ:3Dセンシング対応3眼カメラと6GB RAM
・6.1インチ:2眼カメラと4GB RAM
・5.4インチ:2眼カメラと4GB RAM

カメラの仕様についてはApple情報では定評のあるMing-Chi Kuo氏と同じ内容となっており、RAMの仕様は昨年11月にBarclaysのアナリストが予測したものと同じ内容となっています。

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。