新型「MacBook Air」とみられるデバイスがGeekbenchのデータベースに登場 − Intelの第10世代Coreプロセッサを搭載

ベンチマークアプリ「Geekbench 5」のデータベースに、新型「MacBook Air」かもしれないデバイスの情報が登録されていることが分かりました。

データが投稿されたのは2019年12月27日で、「macOS 10.15.3(Build 19D2024)」を搭載し、モデル名は「ICLRVP1,1」で、Intelの4コアプロセッサと8GB RAMを搭載しています。

モデル名やプロセッサの動作周波数、コア数などから、搭載しているプロセッサはIntelの第10世代Coreプロセッサである「Ice Lake-Y」シリーズの「Core i5-1030G7」であるものと予想されます。

ベンチマークスコアは、シングルコアが1160点、マルチコアが4265点となっており、現行の2019年モデルのスコアは840点/1700点となっていることから、このデータが本当であれば大幅に性能が向上することになり、「Ice Lake」ということからWi-Fi 6もサポートされることが予想出来ます。

ただ、本製品が実際にいつ頃発売されるのか、このデータが本物かどうかは不明。

[via ITHome

スポンサーリンク

この記事が気に入ったら
いいね ! しよう

Twitter で

この記事を書いた人

taisy0

新しいもの好き&ガジェット好きな30代。大学時代からWindows一筋だったものの、2005年9月に「Mac mini」を購入したのをきっかけにWindowsとMacのブログを書き始め、2013年に独自ドメインを取得し、出来る限り早く情報をお伝えする事を目標に毎日更新しています。
現在はWindows(Microsoft)とMac(Apple)だけでなく、気になるガジェットやウェブサービスに関する情報も発信しています。